【ミュゼの脇脱毛】ワキ脱毛は何回で終わる?脱毛効果や間隔は?

脱毛

ミュゼのワキ脱毛は何回で終わる?通う回数について

ワキ脱毛は最低5回の施術が必要

これからミュゼで脱毛をはじめたいと思っている人は、「とりあえずワキから脱毛したい!」と思っている人が多いはず。

とは言っても、ワキの脱毛ってどれぐらいで効果がでるの?って思いますよね。

ミュゼで採用している「S.S.C方式」という脱毛方法の場合、脱毛の効果を実感することができるのは「4~6回目のお手入を終えたころ」となっています。

この頃から、ムダ毛を自分で処理する回数が減り、毛が細くなったり毛の生えるスピードが遅くなってきたことを実感することができます。

ムダ毛が薄くなるだけではなく、毛抜きやカミソリの自己処理で出来てしまった黒ずみや黒いポツポツが改善する効果もあります。

あくまでのこの回数は目安であり、毛の濃さや硬さ、ホルモンバランスによって個人差があります。

ワキ脱毛は8回コースを選ぶのが適切

脱毛の効果を実感することができるのは、4~6回お手入れを終えたころとお話しました。

さらにお手入れを重ね、8回目以降になってくると生えてくる毛が減り、お手入れを頻繁にしなくても気になるときだけの簡単なお手入で済むようになります。

脱毛効果は「○回施術をうけると絶対にきれいになる」ということはなく、回数はあくまでも目安です。

必ず上記の回数で効果が現れるとは限りませんが、脱毛期間中に「保湿対策」「毛抜きやカミソリを使わず肌を傷つけないお手入」「日焼け対策」を行うことで、脱毛を効果的にすすめることができます。

脱毛は長期戦ですが、すぐに終わらせたい人や少しでも効果を早く実感したい方は、5~8回通うようにしましょう。

希望の仕上がりによって必要な回数を選びましょう

自己処理を楽にしたいなら8~10回コースがおすすめ

脇の毛は太く濃いため、脱毛するのにはある程度の期間は必要です。

脱毛をはじめたころは、あまり効果を実感することができなくても、個人差はありますが8~10回ほど施術を行うと、生えてくる毛が薄く細くなり自己処理をするのがかなり楽になってくる人が多いです。

自己処理が必要になる頻度が少なくなるだけではなく、剃り残しのリスクも抑えることができます。

また、ミュゼのS.S.C脱毛の特徴でもある、美肌効果のある美容液を塗り脱毛することで、自己処理でできてしまった黒ずみが薄くなるメリットもあります。

無毛にしたいなら回数無制限コースがおすすめ

完全に毛をなくしたいなら回数無制限コースがおすすめ!

美容脱毛での脇脱毛は、平均で12~18回で脱毛が完了すると言われていますが、契約した回数分の施術をすべて終えても、ムダ毛が生えてくることがないとは言い切れません。

その時は、回数を追加するかそのまま脱毛を終了するかしないといけません。

せっかくここまで脱毛したのなら、完全に毛をなくしたい!と思うはず。

施術回数を追加すると、トータル的にみたら最初から回数無制限コースにしておいた方がお得だったということになりかねません。

完全に毛をなくして自己処理を一切しなくていい状態にするためには、回数無制限コースがおすすめです。

脱毛サロンの脇脱毛は永久脱毛はできない

永久脱毛の定義

永久脱毛というと、一度脱毛してしまえば2度と毛が生えてこないというイメージがあると思いますが、永久脱毛とは、「永久に毛が生えてこない」ということではありません。


・米国電気脱毛協会の定める脱毛の定義

最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%の状態であればよい

・米国FDAの定める脱毛の定義
脱毛を3回行ってから6か月経過した時点で、2/3(67%)以上減毛していること

 

脱毛施術を行った毛穴から生えてくる毛の本数が減り、再生しない状態が長期間にわたって続くことということになります。

そして、永久脱毛が可能な施術としてニードル脱毛(電気脱毛)をあげています。

その他、レーザー脱毛でも発毛組織を破壊した毛穴から再発毛することはほとんどありません。

永久脱毛はレーザーまたはニードル脱毛のみ可能

毛根の細胞(毛母細胞)がレーザーやニードルの電流で破壊されることで、永久的に毛が生えてこなくなるとされていました。

しかし、近年の脱毛研究によると、毛母細胞を破壊することに加え、「バルジ領域」と発毛幹細胞にダメージを与えることが重要だということがわかりました。

・医療レーザー脱毛

ポピュラーな永久脱毛方法で、ほとんどの医療脱毛クリニックで採用しているため脱毛方法です。

毛を生やすもととなる組織をレーザーにより破壊し、それを繰り返すことで永久脱毛を行えます。

一度毛根を破壊すると、そこから新しい毛が生えてくることはありません。

・ニードル脱毛

毛穴1つ1つに針を挿し込んで電流を流すというもので、3~5mm程度伸ばした毛に沿って針を挿入し、電流を流して毛根を破壊します。

ニードル脱毛は生えてきている毛1本ずつに対して電気刺激を与え脱毛する方法です。

毛周期に合わせて複数回施術することで、その時伸びてきた毛の毛根を破壊し、永久脱毛します。

 

永久脱毛は毛を生やす組織を壊すことで行えますが、組織を破壊する行為は医療行為であるため、日本では医療脱毛クリニックでのみ施術が可能です。

脱毛サロンやエステでは、組織を破壊するまでの脱毛はできないため、永久脱毛を希望する場合は、クリニックの医療脱毛を受ける必要があります。

ホルモンバランスの影響で脱毛完了後に毛が生えてくることがある

毛質や毛の濃さは、ホルモンと深く関係しています。

人間の体には、「男性ホルモン」と「女性ホルモン」があり、バランスが一生の中で変化することが特徴です。

男性ホルモンのテストステロンには、毛が太くなる・毛が濃くなる・毛が伸びるのが早くなるといった傾向があります。

また、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは、妊娠中に活発になりやすく、母体を外的刺激から守ろうと、体毛の毛周期をのばしたり、毛を濃くしたりする作用をもたらします。

生理周期が安定しない思春期の人が脱毛完了しても、ホルモンバランスが不安定なことにより毛が生えてくることがあります。

脱毛完了後に毛が生えてきた、毛が濃くなってきたと感じるのは成長過程で脱毛を完了した人や妊娠出産後の人に多いです。

18歳未満

脱毛をすすめていくには、毛周期に合わせた脱毛が効果的です。

毛周期が安定するのは、初潮を迎え月経周期が安定してからと言われています。

ただ、精神状態や環境により女性の体はホルモンバランスの影響を受けやすく、デリケートです。

18歳未満では、初潮がきていても生理不順だとホルモンバランスが不安定であり、毛根も未発達なので脱毛の効果に影響がでることがあります。

18歳未満で満足いくレベルまで脱毛を行えても、その後に毛の細胞が育ち新たに毛が生えてくる可能性があります。

妊娠・出産後

妊娠中の脱毛は、施術をお断りしているサロンが多いです。

そのため、妊娠出産の前に脱毛を終わらせておく人も多いはず。

脱毛を終わらせたのに、妊娠出産後に脱毛した箇所から毛が生えてくる人がいます。

これは、妊娠などのホルモンバランスの影響で毛質が変化するためです。

毛が濃くなるのは一時的なもので、だいたい授乳期が終わって生理が再開すると、ホルモンバランスが整ってくるので、体毛は徐々に薄くなってきます。

個人差はありますが、半年ほどで戻ったという人が多いです。

ミュゼの脇脱毛に通う頻度は?どのくらいのペースで通う?

ミュゼの施術間隔は1~3カ月に1回

全身の体毛には、「毛周期」と呼ばれる周期が存在します。

毛の成長が始まる「成長前期」、毛がより成長し皮膚表面に出てくる「成長後期」毛の成長が止まり抜け落ちる「退行期」、毛の成長を始めるまでの「休止期」で生え変わりを繰り返しています。

脱毛は、医療脱毛、美容脱毛問わず「成長期」が訪れるサイクルに合わせて行います。

お手入のサイクルはそれぞれの部位によって異なり、ミュゼでは毛周期に関わらずお手入れが可能ですが、約1~3か月に1回のペースでお手入れをするのが一般的となっています。

毛周期には個人差がありますので、お手入れのサイクルはミュゼのスタッフと相談して決めていくことが出来ます。

脱毛の間隔は毛周期に合わせると効果的

毛周期とは「成長初期→成長後期→退行期→休止期」の4段階のサイクルを繰り返す周期のことをいいます。

サロン脱毛で使用されている光脱毛が反応するのは、成長期の毛だけです。

退行期や休止期の毛には、ほぼ効果がなく反応が薄いので、毛周期に合わせた脱毛が効果的になります。

また、脱毛は成長期の毛に対して光をあて毛根にある黒い色素(メラニン)に反応させ発熱させます。

そうすることにより、毛乳頭・毛母細胞のタンパク質が変性して、ダメージを与え毛がするりと抜けて行きます。

退行期、休止期の毛は成長期の比べ「メラニン色素」が薄く、また成長期を違って毛と毛乳頭が根深くつながっていないため、脱毛効果を得ることができません。

毛周期は体の部位ごとで違います。

毛周期とは?/成長期

成長期は大きく分けて、「成長前期」と「成長後期」の2つに分類できます。

・成長前期
成長前期は、毛根にある毛母細胞が活発に細胞分裂をくり返し、毛が成長していく時期です。
成長前期は皮膚の表面まで毛が伸びていない時期であるため、毛が皮膚の表面から出てくると成長後期になります。

・成長後期
肌の表面に毛が伸び、退行期に入るまでの期間です。
体毛は限りなく伸び続けるわけではなく、一定の長さになると成長が止まります。

毛周期とは?/退行期

成長期の次にくるのが退行期です。退行期では毛の成長が止まります。

また、成長期と比べると毛も弱まり、皮膚の内部でくっついていた毛がはなれやすくなります。

そのため、毛が毛根から抜けやすくなり自然と抜けていきます。

抜けやすい時期に脱毛した方がいいのでは?と思うかもしれませんが、脱毛機ののライトが反応するメラニン色素は成長期の毛に反応しやすく、退行期の毛はメラニンが薄くなっているため、あまり効果がでません。

毛周期とは?/休止期

退行期のあとに、休止期がきます。これは毛が毛根から完全に抜け落ちた後の状態です。

しばらくこの状態が続きますが、次の毛を生やす準備をして、また成長期に突入します。

この時期も退行期と同じで、メラニン色素に反応させる脱毛方法では、脱毛するのには適しません。

脱毛機を使用し光をあててもメラニンへの反応が見られないからです。

毛周期は部位によって異なる

脇の毛周期

脇はVIОほどではないにしろ、身体の中で毛が濃い部位でもあります。

脇の毛は成長期から休止期に入るまでの期間が約4か月、成長期から休止期が終わるまでの期間が約3か月といわれており、毛周期は7か月になります。

成長期の毛の割合は、30%です。

毛周期は1本1本ごとに違いがあり、光が反応するのは成長期の毛の割合である20%ほどです。

VIOの毛周期

VIОの毛は全身の中で毛が最も濃い部分です。

最も毛周期が遅いとされる頭髪に次いで、毛の生え変わりが遅い部分がVIОの毛となります。

VIОの毛は、成長期から休止期に入るまでの期間が他の部位より長く、1~2年程度と言われています。

また、休止期から成長期が始まるまでの期間も長く、1年~1年半程度となり、毛周期は2~3年半程度となります。

毛が生えてこない状態で1年以上経過する毛根もあるということになります。

成長期の毛の割合は、30%になります。

顔の毛周期

顔は体よりも毛の生え変わりが早いです。

成長期の期間が1~2年程度で、退行期と休止期の期間が2か月ほどです。

成長期の毛の割合は、20%になります。

周期が短い分、全身より早く脱毛が終わりそうと思われるかと思いますが、顔はうぶ毛が多くて光が反応しにくいため、回数を重ねる必要があります。

ヒザ上・ヒザ下の毛周期

身体の中で比較的毛が薄い部分なので、脇やVIОに比べ毛周期が短くなります。

・ヒザ上
成長期の期間が3~4か月程度で、退行期と休止期の期間が3~4か月です。

・ヒザ下
成長期の期間が4~5か月程度で、退行期と休止期の期間が4~5か月ほどです。

足の成長期の毛の割合は、20%になります。

生え変わりの周期が早いので、長く眠ってる毛が少ないので脱毛の効果が出やすい傾向になります。

腕の毛周期

顔ほどではありませんが、太ももやヒザ下同様毛が薄い部分なので毛周期が短くなります。

成長期の期間が3~4か月程度で、退行期と休止期の期間が3~4か月ほどです。

成長期の毛の量は、20%です。

もともと生えている腕や足の毛は、無性毛と呼ばれ毛周期が短いので脱毛の効果が表れやすく、脱毛完了までにかかる期間も短いです。

ミュゼの脇脱毛の効果は?/脱毛の経過・脱毛効果

ミュゼの脱毛方法/SSC脱毛の特徴

ミュゼでは、肌にやさしい「S.S.C iPS care 方式」という脱毛方法を採用しています。

S.S.C脱毛は、イタリアの有名医療メーカーDEKA社が開発した、クリプトンライトという光とビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルを用いる脱毛方式です。

特殊なジェルを塗った上からライトをあて、肌へのダメージを抑えながら毛を生えにくくします。

抑毛と美肌効果のあるジェルを浸透させて光をあてるので、弱い出力でも十分効果を発揮すると同時に美肌に導くことができます。

弱い光を用いるため、敏感肌や肌の弱い人でもお手入れができ、メラニン色素に反応させてお手入する方法ではないため、産毛に対しても効果があります。

また、痛みの感じ方には個人差がありますが、ライトをあてた時に一瞬痛みを感じる程度なので、痛みに弱い人も利用することができます。

光脱毛の施術後は2週間ほどで毛が抜け落ちる

光脱毛は「フラッシュ脱毛」とも呼ばれており、毛根に熱の光をあてることで脱毛していきます。

サロンで脱毛をしたあと、約2週間ほどで毛が抜け落ちます。

そのため、光脱毛は施術から2週間程度で効果が見られやすいと言われています。

抜け落ちたあとに生え変わる周期には個人差がありますが、2週間程度で休止期だった毛が活発になり毛が生えてくる人がいます。

脱毛しても抜けなかった毛は、そのあとも伸び続けているように感じることがあるかもしれませんが、それは毛穴の中に埋もれていた毛がだんだん押し出されているだけです。

脱毛効果を高めるためには、肌の調子を整えておくことが大切です。

肌が乾燥したり、荒れてしまったていると脱毛効果が弱まるので、日ごろから保湿をきちんとしたり日焼けをしない、カミソリや毛抜きを使った自己処理をしないといったことが重要になってきます。

光脱毛は回数を重ねると毛質が細く柔らかく変化する

光脱毛は1回では効果が実感できず、複数回施術を重ねてはじめて効果を得られます。

必要な施術回数や期間は、毛質や毛量によって変わるため個人差がありますが、3回目ぐらいから毛が細く柔らかくなったと実感するかたが多いようです。

平均的な回数をあげると、

・3~6回:少しずつ毛が細く柔らかくなってきたことが実感できる
・7~10回:自己処理する回数が劇的に減る
・12回以上:ほとんどの毛が目立たなくなり、ムダ毛が気にならなくなる

毛周期に合わせて施術を行うので、2~3か月に1回の照射で2~3年かかります。

光脱毛は3~6回で毛が薄くなるのを実感しはじめる

脱毛の施術は、サロン脱毛、医療脱毛問わず1回行っただけでは終わりません。

1回目の施術を受けて数日たつと、毛がポロポロ抜け落ちますが、成長期にあった毛が抜け落ちただけなので、数日したら成長期に入った毛がのびてきます。

脱毛回数が3~6回くらいになると、毛の量が減ったり毛が柔らかくなったと、明らかな変化を感じる人が多いです。

施術を受けてから次の予約までに、腕や足などに生えている普通の毛は薄く細くなってくるので、自己処理をする回数が減ります。

脇やVIОなどの太く濃い毛も柔らかくなってきますが、完璧にはまだ時間がかかります。

顔のうぶ毛は元々細くて柔らかいのですが、そのぶん脱毛の光に反応しにくいので時間がかかります。

光脱毛は7~10回で自己処理が楽になる

毛量や毛質により個人差はありますが、7~8回ほど施術を重ねれば自己処理をするのがかなり楽になります。

やはり個人差はありますが、2週間に1回やほとんど処理不要になる人もいる人もいます。

処理回数が減るだけではなく、毛自体が薄く少なくなるので自己処理にかかる時間や肌へのダメージも少なくなります。

また、自己処理を行わなくてもよい肌状態が長く保たれるため、肌荒れや黒ずみといった肌トラブルも解決されてきます。

ミュゼでは、美肌効果を得られるライトを使っているので、脱毛しながら美肌になることができます。

光脱毛は12回以上で毛がほとんどなくなる

光脱毛で脇脱毛を行うと、12回以上で毛がほとんどなくなり自己処理がほとんどいらなくなります。

あの濃かった毛が嘘のようにほとんどの毛がなくなります。

脇やVIОの毛は太く濃いので、効果を実感するのに時間がかかりますが、根気よく通うことですべすべのお肌を手に入れることができます。

自己処理をする必要がなくなり、ツルスベ肌になるので、脇毛を気にせずノースリーブやキャミソールなどのファッションも気軽に楽しめるようになります。

また、夏場を中心に脇の汗やにおいが気になる人も多いはず。

脇は汗腺が多いため汗で蒸れやすく、ムダ毛があると雑菌の温床となりにおいの原因となります。
脱毛することでムレと雑菌の繁殖を抑えられるので、におい対策という点でも脇脱毛はおすすめです。

ミュゼのワキ脱毛の料金/ワキ脱毛プランについて

両ワキ+Vライン完了コースの料金プラン

ミュゼには、効果を実感するまでに回数がかかりがちな両ワキ・Vラインをお手頃価格で脱毛できるコースがあります。

このコースは無制限で何度でも通えるコースなので、納得いくまで施術を受けることができます。

回数 料金
回数無制限 初めてのお客様限定
100円(税込)

回数無制限だから、「きれいになるまでどのくらい回数がかかるか不安」という脱毛が初めての方におすすめです。

「他サロンで脱毛したけど、満足いく効果がえられるまで続けられなかった」という人も、ミュゼなら追加料金ナシだから満足いくまで通うことができます。

フリーセレクト美容脱毛コース/Sパーツの料金プラン

★Sパーツのお手入れについて

手指や襟足など、比較的小さい箇所の脱毛。

13か所から気になる箇所をセレクト!

・襟足、乳輪周り、腰、へそ周り、両手の甲と指、Vライン、両ワキ、トライアングル上、トライアングル下、Iライン、ヒップ奥、両ヒザ、両足の甲と指

Sパーツ【料金表】

プラン 料金
【一生涯通える】
完了保証コース
総額30,112円

【回数コース】さらに選べる2つのプラン

・デイプラン:平日の12時~18時の間にお手入れ
・レギュラープラン:営業時間いつでもお手入れ可能

Sパーツ【料金表】デイプラン

回数 通常価格 今だけ!特別価格
2回 12,000円
8回 48,000円 14,720円
12回 72,000円 21,758円

ミュゼは脇脱毛だけで通える?

ミュゼは脇の脱毛だけで通うことができます。

ミュゼで脇脱毛したい人におすすめなのが、「フリーセレクト美容脱毛コース」です。

気になる箇所と回数を自由に選んで、自分の毛の悩みに合わせたプランで脱毛することができます。

ピンポイントで脱毛したい、脱毛したけどまだ毛が残っているという方におすすめです。

脱毛プランは、パーツが増えると料金が高くなったり、セットコースになると要らないパーツが入っていることが多いです。

他の脱毛サロンのプランだと、セットコースになっていることが多いので、ミュゼの脱毛コースは施術したい箇所だけ受けることができるので、お財布にもやさしいですね。

脇脱毛だけならフリーセレクト美容脱毛コース(Sパーツ)がおすすめ

「フリーセレクト美容脱毛(Sパーツ)」は、脇や手指など比較的小さい箇所の脱毛をすることができます。

ミュゼのSパーツ脱毛は、両ワキやVラインなど人気の部位を含む13か所から、気になるパーツをセレクトして脱毛することができます。

「一生涯通える完了保証コース」と「回数コース」があるので、自分の悩みや希望に合わせて自分のオリジナルプランで施術を受けることができます。

脇脱毛が完了し、回数が余っていたら他の部位の施術に使うこともできます。

脇脱毛はSパーツですが、Sパーツ2回分をLパーツ1回分として施術を受けることも可能です。

Sパーツ脱毛自体がお得な料金なのですが、キャンペーンを利用しさらにお得に通うことができます。

→  「フリーセレクト美容脱毛(Sパーツ)」の料金表はこちら

ミュゼのワキ脱毛の効果や回数のまとめ

ミュゼは、「S.S.C方式」という脱毛方法を採用しており、抑毛と美肌効果のあるジェルを浸透させて光をあてることで、弱い出力でも十分効果を発揮するとことができます。

また、毛周期にあわせて脱毛を行うことで、より効率的に脱毛を行うことができます。

★脇脱毛の回数と効果

目安の回数 期待できる脱毛効果
4~6回 毛が細く少なくなり、ムダ毛を処理する回数が減る
8~10回 自己処理をするのがかなり楽になる
12回以上 毛がほとんどなくなり、自己処理がほとんどいらなくなる

12回以上通うと毛がほとんどなくなり、自己処理がほとんどいらなくなる状態になります。

完全にムダ毛をなくして自己処理をしなくていい肌にしたい人には、回数無制限コースがおすすめです。

ムダ毛を処理する回数が減るだけでいい人や、完全にムダ毛をなくしたい人などさまざまです。

ミュゼには、「一生涯通える完了保証コース」や「回数コース」があるので自分にあった脱毛プランで脇脱毛をはじめましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました