【ミュゼはキャンセル料が取られる?】キャンセルの方法やペナルティを調査

脱毛

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ミュゼの予約変更・キャンセル方法1つ目は、会員サイトから行う方法です。

WEBの会員サイトからの予約変更は、前日までOK。

  1. ミュゼの会員サイトにアクセスし、会員番号またはメールアドレスとパスワードを 入力してログイン

 

2.現在の予約状況の一覧を表示

3.「この予約内容をキャンセルする」ボタンを押す

4.再度表示される「キャンセルする」ボタンを押すとキャンセル確定

※予約変更の場合は変更内容を再設定します。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

2つ目は、ミュゼの公式アプリ「ミュゼパスポート」から、予約変更・キャンセルする方法です。

1番おすすめなのはこの方法。

  1. ミュゼの会員専用スマホアプリ「ミュゼパスポート」を立ち上げ、会員番号またはメールアドレスと、パスワードを入力してログイン
  2. 予約状況から、キャンセルか変更ボタンを押す
  3. 再度表示される「キャンセルする」ボタンをタップ
  4. キャンセル完了

※変更の場合は新たな日時を設定して完了。

24時間いつでもどこからでも予約変更・キャンセルができるので、とても便利ですね。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

お手入の予約変更・キャンセルは電話でも行うことができます。

電話で予約変更・キャンセルを行う場合は「ミュゼコンシェルジュデスク」に電話をします。

コールセンターはどこでもそうだと思うのですが、電話がつながりにくいことが多く、予約までに時間がかかるといったこともあり、予約方法の中でも一番予約が取りにくい方法です。

ミュゼコンシェルジュデスク
電話番号:0570-082489
受付時間:9:00~18:00
定休日:なし

電話だとつながる時間が決まっており、つながりにくいというデメリットもありますが、担当者の方とじっくり相談しながら、施術日を決めたい人におすすめです。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼでの脱毛を検討し、無料カウンセリングを予約したけど、急な用事や体調不良で行けなくなってしまうこともあるはず。

ミュゼの無料カウンセリングの予約を変更・キャンセルする方法は、WEBまたは電話のどちらかになります。

  • WEB:カウンセリング予約完了時に届くメールにあるURLへアクセス
  • 電話:カウンセリング予約専用ダイヤルへ電話(0120-489450)

 

ミュゼの会員専用アプリ「ミュゼパスポート」は、契約後に使えるようになるものなので、無料カウンセリングの予約は上記の2つの方法でキャンセルが可能です。

無料カウンセリングの当日キャンセルも、キャンセル料などのペナルティーはありません。

ですが、キャンセルした枠で他の人がカウンセリングを受けることが出来るので、予定がわかりしだい早めにキャンセルするほうがいいですね。

 

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

脱毛サロンでは当日にキャンセルすると、キャンセル料が発生したり1回消化扱いになったりしてしまうことがあります。
ミュゼはどうなのでしょうか?

ミュゼでは当日キャンセルをしてもペナルティーは一切ありません!

  • キャンセル料なし
    ミュゼで脱毛の予約をキャンセルした場合、当日や直前のキャンセルでもキャンセル料が発生することはありません。
  • 回数消化なし
    ミュゼには「回数保証制度」があるため、当日キャンセルしてしまっても回数が消化になることはありません。

 

多くの脱毛サロンでは当日キャンセルをすると、ペナルティーがあるところがほとんどですが、ミュゼにはありません。

とは言っても、当日キャンセルはお店に迷惑がかかってしまうことがあるため、キャンセルの連絡は早めにするようにしましょう。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ミュゼで当日キャンセルをしたとしても、キャンセル料や回数消化などのペナルティーは発生しませんが、途中解約することとなった場合、当日キャンセル分はお手入れ1回消化とみなされるため、返金されないので注意が必要です。

当日キャンセル以外のキャンセルについては、ミュゼ解約時の返金対象になります。

ミュゼでは、予約日時の24時間前までにキャンセルの連絡を入れれば、当日キャンセルになりませんので、キャンセルになるとわかり次第、早めに連絡するようにしましょう。

脱毛はじめるときに、解約するつもりで契約する人はいないと思いますが、事情により解約しないといけないときがあるかもしれません。

解約するときに解約時の返金額が減らないために、当日キャンセルをしないように早めのキャンセルや予約変更を行うようにしましょう。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

脱毛の予約をしたら、当日のキャンセルはできれば避けたいですが、急な予定や体調不良、生理などでどうしてもキャンセルしないといけないときがあるかもしれません。

脱毛サロンやクリニックでは、当日キャンセルは「回数消化」にしてしまうところが多いです。

回数消化とは、例えば5回コースの契約で当日キャンセルをした場合、「当日キャンセル=1回分のお手入れは消化」とみなされ、実際にお手入れを受けることができるのは4回になるというものです。

ミュゼでは、当日キャンセルは1回消化とみなされますが、契約期間内であれば契約した回数が保証されます。

ミュゼの契約期間について

契約したコースには、コースごとに契約期間が設けられています。

契約期間は、契約書または会員サイト・ミュゼパスポートのマイページで確認することができますが、ミュゼの契約期間は基本3年間ですが、契約期間を延長することもできます。

補償期間である3年間の間で契約の回数が消化しきれなかった場合、以下の条件を満たしていれば契約期間を最長5年まで延長できます。

※ミュゼ公式サイトより画像引用

契約を延長したいという場合には、契約が切れる1年以内にお手入れをすればOK!

また、延長の場合でも契約期間内であれば返金OKなので安心ですね。

ミュゼの回数保証制度について

他のサロンやクリニックでキャンセルした場合、1回消化のペナルティーがあったりしますよね?

1回消化のペナルティーを受けてしまうと、5回コースで契約をしてた場合、契約期間内に施術を受けられるのは4回となってしまいます。

ミュゼでは、当日キャンセルは1回消化となっていますが、「回数保証制度」があるため、実際はお手入れを受ける回数が減ることはありません。

そのため、急な用事や体調不良で行けなくなったときや、予約に間に合わなくしまった場合でも、その分のお手入れを改めて別の日に受けることができます。

ここで注意が必要なのが、解約をするときです。

途中解約することとなった場合、当日キャンセル分はお手入れ1回消化とみなされるため、返金されないので注意が必要です。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの予約変更・キャンセルは、お手入開始時間の24時間前までOKです。

予約変更・キャンセルの方法は、会員サイト・アプリ・電話で行うことができます。

ミュゼのコールセンターは、受付時間が9:00~18:00までなので、この時間以外は会員サイトかアプリで変更、キャンセルをするようにしましょう。

会員サイトかアプリからなら、いつでもどこでも変更・キャンセルができ、電話がつながらないといったわずらわしさもないので便利です。

当日キャンセルしてもペナルティーはないですが、万が一の解約の時に損をしないようにするのと、お店へのマナーを考えて24時間前には必ず連絡を入れるようにしましょう。

 → ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

当日キャンセルに該当するものとして、お手入れ開始時間までに来店がないときです。

予約時間に来店がないと当日キャンセルになるというのは、当然といえば当然です。

当日キャンセルの連絡を入れた場合とお手入時間までに来店しない場合も、キャンセル料金の発生はなく、1回消化となるのは同じです。

1回消化といっても、ミュゼは回数保証制度があるので、契約期間内であれば契約したときのお手入回数は保証されています。

予約時間の10分過ぎまでなら、予定通りお手入れを受けることができますが、それ以降は当日キャンセルになります。

お手入れを受けることが出来ても、遅刻した時間だけ施術を受けられない箇所が出てくることもあるため、早めに連絡したほうがいですね。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセルも、当日キャンセルになります。

例えば、2月20日の16時から予約していた場合、2月19日の15:59までに変更・キャンセルの連絡をしないと当日キャンセルになってしまいます。

お手入れ前日のキャンセルでも、時間によっては当日キャンセルになってしまうので注意が必要です。

当日キャンセルしてしまっても、キャンセル料や回数消化といったペナルティはなく、回数保証制度があるので、別の日に予約を取り直すことができます。

ただし、当日キャンセルは解約時の返金の対象外となります。

当日キャンセルでも、キャンセル料が発生せず、回数消化もないのはとてもうれしいですね。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼでは、会員専用アプリ「ミュゼパスポート」でキャンセル待ちをすることができます。

会員専用アプリには、「空き時間通知」という機能がついていて、希望の店舗と期間、日時を登録しておけば、その期間にキャンセルが出た時に通知がきます。

WEBの会員サイトでも、自分で予約状況をチェックして、キャンセルを出るのを待つことが出来ますが、アプリのような空き時間を通知するという機能はありません。

なので、こまめに空きが出ていないかチェックしないといけません。

アプリなら、希望日時に空きがでたら通知がくるのですごく楽ですよね。

仕事中に何度も会員サイトをチェックする必要がありません。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

無断キャンセルは、当日キャンセルしたときと同じ扱いになります。

急な予定が入ったり、体調不良や生理などで予約変更キャンセルする場合は、何かしらの連絡をしますよね?

無断キャンセルになる場合は、本人が予約を忘れている場合が多い。

予約時間になっても来店がない場合は、登録の電話番号にサロンから電話が来ます。

無断キャンセルでも、当日キャンセルと同じ扱いなのでキャンセル料金もかからないですし、回数消化もありませんが、解約された場合には返金対象にはなりません。

無断キャンセルは、サロンのスタッフさんも心配しますし、迷惑がかかるので無断キャンセルはしないようにしましょう。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

ミュゼでは、予約を無断キャンセルしてもペナルティは発生しません。

当日キャンセルと同じ扱いなので、キャンセル料金もありません。

施術回数は1回消化にはなりますが、ミュゼでは「回数保証制度」があるので、契約期間内であれば契約した回数のお手入れを受けることができます。

脱毛サロンやクリニックでは、無断キャンセルをするとキャンセル料金を取られたり、1回消化になったりするのにミュゼはペナルティがないため、余計な出費が生じたり、回数がムダになったりすることがありません。

ミュゼがいつもお客様ファーストの接客を心がけているからですね。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

無断キャンセルをしても次回予約はとることができます。

キャンセルをしたからといって、ペナルティとして○日間予約がとれません!といったことはないので安心してください。

ですが、ペナルティもなく、次回予約に制限がないからと言って何度も無断キャンセルするのはやめましょう。

予約を忘れたり寝坊したりすることがあるかもしれませんが、無断キャンセルをすると、スタッフさんに迷惑がかかるし、キャンセルした枠でお手入れを受けられた人がいるかもしれません。

無断キャンセルをしても、次回予約はとれますが予約は忘れないようにしましょう。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼは生理でお手入れをキャンセルしても当日キャンセルと同様にみなされます。

当日キャンセルと同様のあつかいなので、キャンセル料金が発生することはなく、回数消化もありません。

急に生理がきてしまって、やむを得ず当日キャンセルすることになっても、安心してキャンセルすることができます。

ただし、何らかの事情で解約しないといけなくなってしまった場合、当日キャンセルした分の料金は返金対象にはなりません。

予約日時の24時間前までに連絡を入れれば、途中解約した場合でも返金されるので、24時間前までにキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)、ヒップの施術はできない

生理中はデリケートゾーン(VIО)、ヒップのお手入れはできません。

生理中の場合、デリケートゾーンの周辺は衛生面の観点からお手入れを行えません。

この部位の脱毛を生理中に行ってしまうと、経血がベッドや脱毛機に付着してしまう可能性が高く、感染症が広がるリスクが高くなってしまうからです。

上記の理由から、ミュゼに限らず脱毛サロンやクリニックでは生理中のデリケートゾーンの脱毛ができないところがほとんどです。

生理の終わりかけなら、タンポンを使えばバレないんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんが、経血の臭いやタンポンのひもなどが理由でバレてしまいます。

生理の時は予約をキャンセルして、別の日にお手入れをうけがほうがいいですね。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

生理中でも、デリケートゾーン以外の施術は受けることができます。

ですが、ミュゼで人気の両ワキ+Vライン脱毛完了コースは、2か所セットの契約なので両ワキだけの施術をすることは不可能です。

当日キャンセルは、ペナルティなしですが解約時に1回消化したとみなさるので、実際にはお手入れを受けてなくても返金されません。

ですが、脱毛完了コースは回数無制限なので、回数消化がありません。

生理は女性にとっては避けることができません。

ミュゼの公式アプリでは、生理日や排卵日を予測できるカレンダー機能があるので、これを活用して生理日を避けて予約を入れましょう。

自分の生理周期を把握したうえで、無理なくミュゼに通えるスケジュールを立てるのが大切です。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

全身美容脱毛コースは、VIО、ヒップのお手入のみ別日に振替が可能です。

別日に振替が可能なので、VIО・ヒップだけ脱毛が遅れてしまったりすることはありません。

ミュゼでは、生理中でもVIО・ヒップ以外のお手入れは可能ですが、生理中は脱毛そのものを休むほうがいいです。

生理中は、いつも以上に肌が敏感になっており痛みを感じやすくなっており、脱毛後に肌トラブルも起きやすくなります。

肌が敏感になっているせいで、普段は脱毛後になんともない人でも赤みがでたり湿疹ができたりするかもしれません。

また、生理痛を和らげるために、鎮痛剤を服用する人もいると思いますが、鎮痛剤を飲んでのお手入れは思わぬ副作用がでる恐れがあります。

お手入れを受けるときは鎮痛剤を服用後にお手入れを受けるのはやめましょう。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめです。

生理中でも、VIОやヒップ以外のお手入れは可能ですが、生理中はホルモンバランスが崩れダメージを受けやすいので、できるだけお手入れを控えたほうがいいです。

いつも以上に肌が敏感になっており、普段のお手入れより痛みを感じやすいだけでなく、脱毛後に肌荒れや炎症といった肌トラブルが起きやすいです。

また、お手入中に急に気分が悪くなったりすることも起こりえます。

ミュゼでは、当日キャンセルでもキャンセル料がかからず回数消化もないので、予約した日が生理と重なってしまう場合は、体のことを考えて予約変更・キャンセルするようにしましょう。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼの予約変更やキャンセルの方法は3つです。

  1. 会員サイト
  2. アプリ「ミュゼパスポート」
  3. 電話連絡(0570-082489)

この中でもおすすめなのが、アプリ「ミュゼパスポート」です。

ミュゼパスポートから24時間いつでも脱毛変更・キャンセルができます。

ミュゼパスポートからは、店舗の予約状況が一目でわかるため、空き時間をチェックし、当日予約も簡単にとることが可能です。

また、あらかじめ希望の期間・店舗・日時を設定しておくと、キャンセルが出た時にお知らせ通知がきます。

ミュゼの予約変更は、お手入れ開始時間の24時間前まで可能です。

それ以降は当日キャンセル扱いとなります。

当日キャンセル扱いの場合は、キャンセル料はなく1回消化となりますが、ミュゼには回数保証制度があるため、契約期間内であれば契約した回数お手入れを受けることができます。

ただし、解約時は回数消化の料金は返金されないので注意が必要です。

また、無断キャンセル、生理の時のキャンセルも当日キャンセルと同じ扱いになります。

予約をキャンセルしても、ペナルティもなく契約した回数きちんとお手入れを受けることができるのはミュゼだけではないでしょうか?

予約変更・キャンセルがスムーズでキャンセル対応にもやさしいミュゼで、脱毛をはじめてみましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました